000:この記事について

chshcky : 2018/01/14(日) - 13:15

目次

  1. ”悩めないプログラミング入門”の目的
  2. 読んで欲しい方
  3. 推奨の使い方

1.”悩めないプログラミング入門”の目的

”細かいこと・難しいことは棚に上げてしまって、プログラミングの雰囲気を掴む”です。

既に多くのプログラミングに関する書籍や入門サイトがありますが、

初めから背景や文法等に関する丁寧な説明があることが多く、

初心者の方には、それらを全て覚えないといけないのかとか、

(※プロのプログラマーもGoogle先生を辞書にしつつプログラミングをしています)

一部分で理解できなければそこで悩んでしまったりがあったりと、敷居が高いのではと思いました。

ですので、できる限りの説明を省いた、最低限のプログラミングを試してもらい、

雰囲気を楽しんでもらえることができればと良いなと考えました。

最近は、ビジネスの役に立つから勉強すべきだというような風潮もありますが、

筆者はプログラミングが”遊び”としても魅力的なものでもあると考えています。

(※筆者は仕事でプログラミングをしながら趣味でもプログラミングを行います。)

本記事を通して、1人でも多くの方がプログラミングに好意を持って頂けたらGreatです。

2.読んで欲しい方

  • プログラミングって何?という方
  • プログラミングに興味が無い、やったことが無い方
  • プログラミングは難しいと思っている方
  • プログラミングには興味があるけれど、今までにアレルギー反応が出たことがある方
  • プログラミングをやりたくないと思っている方
  • プログラミングを通じて頭の体操をしたいなと思う方
  • プログラミングを趣味や仕事にしたいと思う方
  • たまたま通りかかっちゃっただけという方
  • これってほぼ全員をターゲットにしてるのでは?と思ってしまった方

※Windows環境をご利用の方を対象としております。

3.推奨の使い方

  • 気持ちを楽に構えます。深呼吸でもしましょう。
  • まずは書いている通りに真似をしてみてください。
  • 次にソースコード(書いた文字)を眺めて何故そうなったかをちょっと考えてみてください。
    • わからなくて全然OKです(※なにせ説明していませんので・・)。
    • どうしてもモヤモヤしてしまう方は、是非コメント欄で質問してみてください。
  • カンが良い方は「ここを変えれば、こうやって動くのでは?」というようなインスピレーションがあるかもしれません。是非それを実践してみてください。
  • 細かいことはおきざりにして、ドンドン次に進みましょう。

     

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7118974329548073"
data-ad-slot="9102362348">

Comments

Comment